八王子市 自然さを大切にしたナチュラルクローズ外構

自然さを大切にしたナチュラルクローズ外構
八王子市の新築外構・ガーデンのご紹介です。

白い壁と木、自然石で構成されたナチュラルエクステリアテイストです。

壁は一部をくり抜き、アンティーク調のマリンランプや、飾り用の角柱を入れて、遊び心をいれました。

敷地の周りを囲うクローズ型外構ですが、ポイントとして、壁やフェンスを
それぞれ前後ななめにずらし、高さを変え、単調にならないように、そして、道路からみて圧迫感のでないように
自然さを大切に意識しました。
セットバックした壁の足元に緑の芝生という自然をいれることで、直線のラインが弱まり、より優しい雰囲気となります。

ウッドデッキ
ぬくもりある天然木のウッドデッキです。
建物に対して斜めにとることで、動きがでます。
手前の角柱、フェンスも木材で統一しました。
アプローチ
アプローチは芝生の中にぽつぽつと自然石と枕木を埋めました。
隙間や形など不揃いにすることで、ナチュラル感をだしています。

芝生
高低差は芝生でカバーしています。
もりっとまるくて、優しい雰囲気がでます。
マリンランプ
古びたアンティーク調のマリンランプです。
シンボルツリー
全景です。

3mを超えるシンボルツリーの存在感があります。

駐車場は跳ね上げ門扉でクローズとしました。
駐車場の道路から見える舗装は、アプローチでも使用した、自然石と枕木をいれアプローチとのつながりを出しています。

門扉のある入り口は、道路に対して斜めにとり、動きを出しました。
隣の角柱の隙間からは植木鉢がちらちらとみえます。

駐車場
駐車場は車が止まる部分だけをコンクリート舗装し、間をオレンジ色の化粧砂利を入れています。
また、ここにも自然石、枕木を使って全体のテイストを合わせています。
角柱
角柱の足元には季節のお花が顔をのぞかせます。

夜のライティング
夜のライティングの様子です。
四角くくり抜いた穴に設置したアンティーク調のマリンランプがやさしく光ります。
ポール灯
玄関前にも足元を照らすポール灯を設置しました。
段差をを照らしてくれるので安心です。


スポットライト
樹木もスポットライトで下から照らします。