渋谷区 藤棚のある家

藤棚のある家

 
藤棚のある家
東京都 渋谷区にありますH様邸の外構・ガーデンのご紹介です。

こちらの施工事例は、2020年YKKAPエクステリアスタイルアワードにおいて、シルバースタイル賞(リフォーム&リノベーション部門)を受賞いたしました。

藤棚のある家
こちらの家は、リノベーションにより外観も一新されました。
玄関へのアプローチは、伝統的な日本庭園で使用されているものと同じ技術を使用して設計しました。
その結果、古く見えない洗練された和風のエクステリアガーデンが生まれました。

駐車場はグリルシャッターで閉鎖されており、門まわりは安全性の高い閉鎖構造になっています。

門まわり
門まわりです。
門袖は、建物と同じジョリパッドで仕上げることで建物と外観をひとつになるよう考えました。

玄関は道路から離れたところにあり、小石でできたアプローチは空間に奥行きを感じさせます。
門扉には、建物のドアと同じ最新の電気錠システムが装備されています。

門扉
視線が入り、敷地の景色が見える門扉を選びました。

ただし、視線が家の奥まで届かないようにするため、植栽をアイストップとして配置しています。
これにより、先に何があるのかという期待感が生まれます。

入口をぬけた先
門を抜けた後の様子です。

左側は藤棚と玄関へのアプローチ、右側はカーポートのある駐車スペースです。

延段
アプローチ舗装は、四角い石とランダムな形の石を組み合わせたものです(諏訪鉄平と呼ばれます)。
石は入り口につながる縦線を意識して設置いたしました。


駐車場の真ん中にサツキを植えることで、空間の役割が自然に切り替わります。

ドウダンツツジ
ドウダンツツジの足元には、穏やかな丘を形成するためにタマリュウを植えました。


藤棚
藤棚の様子です。
3年後、天井がたくさんの藤で覆われている姿を見るのがとても楽しみです。

駐車場
駐車場は四方を石貼りで舗装し、高級感を演出しました。舗装は、石を互い違いのパターンで組んだ馬踏み目地で行いました。
車の停車場にも天然石を使用しています。

本物の天然素材を使用することが、このエクステリアのポイントのひとつとなっております。

建物玄関側
建物の玄関側からの眺めです。
バランスのとれた植物の配置は、快適な空間を作り出します。

夜景
夜景の様子です。
光に照らされた外構・ガーデンはロマンチックな雰囲気です。
日中は見えなかった新しい顔を見ることができます。

門まわり
門まわりです。

表札を照らし、優しく家族を迎えてくれます。

エントランス前のダウンライトは、光に奥行き感を演出します。

ドウダンツツジ
ドウダンツツジの下にスポットライトを配置しました。
葉からこぼれ出る光はとてもロマンチックです。


藤棚のある家
別の角度からの様子です。

スポットライトが幹と葉の影を映し出します。

玄関側
ドア側から見た様子です。

駐車場
駐車場裏の建物の壁にはラインライトが設置されています。
壁を表面で照らすと明るくなります。

藤棚のある家

以上藤棚のある家のご紹介でした。

サンケンプラネットでは、モダン、ナチュラル、そして日本のスタイルを含む、さまざまなエクステリア・ガーデンのデザインを得意としています。