渋谷区 藤棚のある家

藤棚のある家
渋谷区にあるH様邸の外構・お庭の施工事例です。
こちらの作品は、2020年のYKKAPエクステリアスタイルアワードにおいて、シルバースタイル賞(リフォーム・リノベーション部門)を受賞しました。

「藤棚のある家」
建物の建て替えと共に外構をリフォームいたしました。

フジやドウダンツツジなど日本原産の植物、
そしてアプローチの延段等、伝統的な日本庭園にも用いられる技法を取り入れながらも、
古さを感じさせない洗練された和の外構・ガーデンとなりました。

駐車場はグリルシャッターで閉じ、門まわりには門扉を設置し、防犯性の高いクローズ型の外構です。

門まわり
門まわりです。
門袖は建物と同じジョリパット仕上げです。建物と外構を一体として考えるH様のこだわりです。

門扉は道路よりセットバックし、足元はピンコロ石で化粧をすることで、空間に奥行感が生まれます。
電気錠門扉は、建物のドアと同じキーを使用することのできる、最新のシステムを取り入れています。



門扉
門扉は視線が通るものをお選びし、敷地内の景色を覗くことができます。

しかし、奥まで視線が通らないように考慮し、アイストップとして、植栽(ドウダンツツジ)を配置しています。
この先には何があるのか、期待感を演出します。
入口をぬけた先
入口をぬけた先の景色です。

左側は玄関へと続く藤棚と延段(アプローチ)、右側はカーポートのある駐車場スペースです。



延段
延段(舗装)は方形石と、乱形石(諏訪鉄平)を組み合わせた行の延段です。
玄関へと続く縦のラインを意識して石を据えています。


駐車場とアプローチの中間地点に植栽(サツキ)することで、空間の役割が自然に切り替わります。


ドウダンツツジ
ドウダンツツジの足元はタマリュウでなだらかな築山をとなるように植栽しました。
藤棚
藤棚の様子です。
今後約3年をかけて棚を覆っていきます。天井を藤棚いっぱいに彩られるのが楽しみです。
駐車場
駐車場は高級感のある一面石畳です。ピンコロ石を互い違いに敷き詰める馬目地で舗装いたしました。
車止めも自然石を使用しています。

材料選びという点で、二次製品等はなるべく使用せず本物の自然素材を採用することも今回の外構のこだわりの1つのポイントです。
建物玄関側
建物玄関側からみた様子です。
植栽がバランスよく配置され、気持ちのいい空間です。
夜景
夜景の様子です。
光で照らされ、ロマンチックで雰囲気のある外構・ガーデンになりました。
昼間は見えなかった新たな顔が見えてきます。
門まわり
門まわりです。

表札を照らし、優しく迎え入れてくれます。

玄関前にダウンライトがあることで、光を使った奥行感が生まれます
ドウダンツツジ
ドウダンツツジの下にスポットライトを配置し、
葉の中からが光がこぼれてくるような、ロマンチックな光です。


藤棚のある家
別角度です。

光と影、幹や葉の形が浮かびあがります。
玄関側
玄関側から見た様子です。
駐車場
駐車場の後ろの建物の壁には、ライン照明を配置しています。
壁を面で照らすことで、明るくなります。
以上藤棚のある家の施工事例のご紹介でした。

弊社では、モダン、ナチュラルテイスト、和、等様々な外構・ガーデンのデザイン設計・施工をしております。