本日の工事現場

町田市 M様邸 新築外構工事 タイルデッキ&人工木デッキ編

2020年8月2日|カテゴリー「タイルテラス
IMG_20190722_154820
今日からは、お庭のタイルテラス&人工木デッキ作りに取り掛かります☆
まずは、ブロックの基礎。
既存の塀との間を植栽帯にするため、ブロックを積んで
タイルデッキの基礎を作ります。
ブロックの沈み込みが起きないよう、砕石土を転圧します。
IMG_20190722_170208
鉄筋を入れ、ブロック積が始まりました。

IMG_20190724_115909
こちらは、タイルテラスから地面に降りる為の階段になる部分です。

IMG_20190723_173812
徐々に積み上がり、全体の形が見えてきました。
IMG_20190729_141507
こちらは・・・?
タイルテラスをくり抜いて植栽を植える為作られた、スペースです。水はけ出来るよう、底は、地面につながっています。
IMG_20190807_161456
タイルの下地も打たれ、くり抜きの植栽帯も完成!

IMG_20190725_133942
人工木デッキの下に雑草が生えないよう、防草シートと砂利を敷きました。
2019_08_12_16_25_25_030_5
タイルテラスのタイルは、広がりを持たせる為、斜め貼りです。
1566372045957
束石を並べ、人工木デッキの足が置かれ、基礎部分を作っています。
1566372041816
リビングの掃き出し窓から、フラットに出ることのできる
人工木デッキが出来ました。
人工木デッキを窓とフラットにすることで、リビングとの繋がり感が増します。
2019_08_29_16_26_44_392_13
1段下がった、タイルテラス。
斜めにカットされた変形のタイルテラスが際立ちます。
ブラウンの人工木デッキとアイボリー色のタイルテラスが自然な感じで綺麗ですね!


2019_08_29_16_26_44_366_11
リビングの掃き出し窓から続く人工木デッキとタイルテラス。
2019_08_29_16_26_44_379_12
奥行きが大体3mくらいでしたが、とても広がりを感じる空間になりました。
BBQをするにしても、お家の中と外で行ったり来たりしやすく、とても使い勝手も良いかと思います。
地道な基礎作りがあり、素敵な空間となりました。
後は、植栽が入ると既存の壁の存在を薄くしてくれ、グッと引き締まります!

少し、費用は掛かりますが、今回は劣化の少ない人工木とタイルを使いましたので、長く使って頂けたらと思います。
また、雑草対策には絶大です!
お庭と言うより、「屋根のないリビング」の出来る迄でした!
せっかくのお庭を、活用されていない方、是非ご相談頂けたらと思います。

次回は、玄関周りの作る様子をお伝え致します☆

町田市 M様邸 新築外構工事 START! 

2020年8月2日|カテゴリー「新築外構工事
今回は、タイルデッキと人工木デッキを組み合わせたお庭を取り入れたM様邸の新築外構工事の様子をお伝え致します。
IMG_3217
外構工事着工前のM様邸。

建物の方は、完成し外構工事を待つばかり・・・。
玄関扉と、ポーチのに貼られたタイルがプランの決め手となりそうです!
IMG_3211
こちらも、着工前のお庭スペース。

少し高めの既存のブロック塀。
転倒対策で控え壁が作られています。

IMG_3214
こちらは、お隣様のと境界側の通路。

ここも、キチンと考えないといけないスペースになります。

IMG_20190722_105649
先程の玄関ポーチに貼られていたタイル。
同じ300角のタイルでも、メーカーや作られた国でサイズが違います。

同じ種類のタイルを足して使う場合は問題ないのですが、他のタイルと組み合わせる場合は、タイル目地が狂ってきておかしな事になってしまいますので、気を付けて下さいね!
あと、同じタイルでもロットが違うと、色が微妙に変わります。なので、タイルを継ぎ足す工事をする予定でしたら出来たら同じロットのタイルを確保出来たら良いですね!
IMG_20190722_135404
外に付いている、コンセントBOX。

インターホン用。
外灯用。etc...。

ハウスメーカーさんの方で、最低限の電気関係は揃えて下さっていますが、外構のプランをしていると、
「足りない!!」ということがしばしばあります・・・。

建物を設計する段階で、外構の方も計画に入れて頂けることをおススメ致します!


こちらが、M様邸のプラン☆

個性的形のデッキが印象的ですね!
デザインだけではなく、デッキは雑草対策にもとても効果があります。

また、玄関周に使われる色々な色を取り入れたレンガが建物の色と素敵なアクセントとなりそうな
プランになっています。

プランを見ただけで、ワクワクしますね☆
今回は、M様邸の着工前の様子と、プランをご紹介させていただきました☆

外構工事をご予定の方。タイルのサイズや色。外用電源の事。ご参考にして下さいませ。

次回は、タイルテラス&人工木デッキ作りをご紹介させていただきます。

調布市 リフォームとリガーデン(プラン~工事着工)

2020年8月2日|カテゴリー「本日の工事現場
sumikuratei
こちらが、S様邸のお庭のプラン!!
なんと、家の中のリフォームのプランより先に、お庭のプランが完成しました☆
S様は、大満足!!
お庭のプランを先行し、お家のデザインはこのお庭のプランに合ったデザインにすることとなりました。
このプランの第一の目的は、「家と外をつなぐ」平たく言えばお庭だけど、リビングの延長線。と言ったところでしょうか・・・。
もっと言えば、家の中では出来ないご要望を外で実現しました。
万年米を隠すため、白い壁を作り、壁の控え柱もデザインの一部として利用。
リビングから一番良く見える部分には、ベンチを作りました。
ベンチの後ろには、雰囲気の良いタイルを張り、リビングから見ると額縁のように見えます。
ベンチを作ることは、もちろん外での時間も充実しますが、壁に動きを持たせる効果もあるんですね。
床には、600角の大判タイルを斜めに敷き詰め、限られた空間をより広く見せてくれます。
また、欲張りにも木のぬくもりも欲しいかな?とのことで天然木のデッキも作りました。
もちろん、各所に間接照明を取り入れ、アーバンな雰囲気を表現。
使う事ももちろんですが、家の中から見る事にも重視したプランになりました。
早く、完成するのが楽しみです!
IMG_16421-e1587893961823
プランが決まったので、早速、着工!
お庭を包む、壁から作られて行きます。ブロックを曲線に並べ壁のR部分を作ります。
これは、どの部分でしょう?
IMG_16391-e1587894226449
ブロック1個のサイズは幅が40㎝です。40㎝のままでは綺麗にRが作れないのでブロックを細かくカットし要所要所に入れ作られます。ここは、職人さんのセンスと経験が出る部分になります☆
皆さんもご存じの「レゴ」という玩具。
レゴにも、半分のサイズや1/4の物がありますよね!
綺麗なR作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


IMG_16491-e1587894335138
ブロックが積みあがってきました!
今回の壁は高さがあるので通常のブロックよりも太い物を使っています。
IMG_16481-e1587894056313
正面から見るとこんな感じ。
どの部分か分かってきたでしょうか?
ここで大切になるのは、
後ろに出てきている白い蛇腹の菅。
こちら、照明の配線を通すCD管と言われる物です。
照明を壁に付けたい時は、ブロックの穴を利用してCD管をあらかじめ通しておきます。そうすることにより、配線が外に見えずに済むのです。
あと、ブロックが前後に2列。いや3列になっていますね。
こちらは、奥行き感を出す効果もありますが、壁の強度を高めるため、控え柱の役割も兼ねています。
こうやって、高い壁の安全性が保たれるのです。

さて、次回はどこまで工事は進んでいるのでしょうか?

調布市 リフォームとリガーデン(ビフォアー②)

2020年7月26日|カテゴリー「本日の工事現場
IMG_8567
いよいよ。S様邸リフォーム&リガーデンの打ち合わせが始まりました。
リビングとしては十分な広さなのですが、もう少し明るくせっかくのお庭を活用したい。
出来ることなら、家にいながらリゾート地にいるような
空間したい!というご要望からいろいろな案を模索しました。
とは言え、新築では無くリフォームですので現状の家の構造から出来る事は限られています。
IMG_8575
リビング。ダイニングです。
広さは、十分に見えますが、ご要望のお庭を活用した広々とした空間にしては、出窓がある意味邪魔をしているのかも・・・?
また、今まではお庭への出入りは、ダイニングからと和室からだったようで、家は家。庭は庭。と区切られた空間として使われていたようですね。
出窓も素敵なのですが、お庭と家をはっきりと分けてしまっうアイテムになってしまっています。



IMG_8572
リビングのお隣にあるのは、立派な和室です。
8畳という広さも明るさも十分です。
畳の上でゴロゴロするのもよし!
日本人ですから、和室があると落ち着くよね!とS様。
お気に入りのご様子です。



IMG_8570
この壁、無ければ広々としていいのになあ~。この壁取って、広々としたリビングダイニングにしよう!
との事だったのですが、建物の構造上、必要な壁だという事が分かり、断念!
仕方がありません・・・。
IMG_8634
玄関まわりです。
S様のご家族は4人。以前から靴の収納に困られていた為、是非、ウォークインのシューズクローゼットを作りたい。とのことでしたが、玄関の横は、トイレと浴室。
水回りの位置を変えるのはハードル高い?とご心配・・・。
リフォームですので、全てが思い通りにならない事は承知ですが、何とか、理想に近づくようがんばりましょう!!

調布市 リフォームとリガーデン(ビフォアー①)

2020年7月25日|カテゴリー「本日の工事現場
Sumikura_09
住宅を購入される際、いろいろな選択肢がありますよね。

・土地を購入し、ハウスメーカーや工務店で建物を新築する。
・建売新築一戸建てを購入する。
・マンションを購入する。
・中古の一戸建てを購入する。etc...。

メリット・デメリットはそれぞれありますが、そんな中から
今回は、中古の一戸建てを購入され、リフォーム&リガーデンをすることにより
理想の住まいを手に入れられたS様邸のアイディアいっぱいの工事の様子をお伝え致します。
ところで、リフォームは良く聞くけどリガーデンって・・・?
リフォーム同様、お庭を作り変えることです。
ただ、現象として、お庭が変わることで、ライフスタイルまでも変わった!と言うお話を良く聞きます。
リガーデンは今、ここまでを含めた言葉になっています!
住宅購入で、悩まれている方にも参考にしていただけたらと思います。
P1040899
都内某所。
築20年の某ハウスメーカーで建てられた敷地130㎡の邸宅。駐車場2台分。庭付き。駅から徒歩10分圏内。完成な住宅街。建物の築年数を除けばS様の条件にはピッタリの物件でした。
P1040900
門周りは、こんな感じ・・・。
しっかりとした、クローズド外構でした。
P1040913
お庭は、昔ながらの万年塀に囲われ、少し暗いイメージでした。
さすが築20年。木も大きくなりすぎて、もしかしたらこの木が暗さの原因かも・・・?

P1040933
お部屋の中は・・・。
立派なお部屋でしたが
こちらも少し暗い感じがします。
条件的にはピッタリのこちらの物件。ここから、S様ご家族の理想の住まいづくりが始まりました。
次回からは、さっそく工事の様子やアイディア満載のプランをご紹介いたします☆